HOMEへ
ひぐち光冬の一般質問
2019年12月06日

教員間のハラスメントが起きない学校づくりについて


 2つ目のテーマに移ります。「教員間のハラスメントが起きない学校づくりについて」です。
 神戸の東須磨小学校で、深刻な教員間のいじめ事件がありました。若い教員を自殺寸前まで追い詰めた極めて悪質なパワハラであり、ひとごととして見過ごしてしまってはいけない重大な事案だと思います。私はこの事件について調査するために、神戸の先生方に話を伺いに行き、現地で開催されたシンポジウムにも参加してきました。まず、そこで聞いた話を紹介しつつ、ハラスメントの背景に何があるのかということについて述べたいと思います。
 この事件はじゃれ合いから始まったそうですが、長期にわたるからかいや暴力・暴言、所持品の破損、食べ物の強要、子どもたちの面前で暴言を吐かれ、プライバシーを暴露されるなど、エスカレートしていくいじめを誰も止めることができませんでした。この卑劣ないじめを行った加害教員たちが厳正な処分を受けることは当然だと思いますが、最悪なことに、このようなパワハラから教員を守らなければならない教頭や校長・教育委員会でさえ、報告を受けていたにも関わらず、被害教員を積極的に守ろうとしなかったという事実があります。もし管理職や教育委員会が適切に対応していたら防げたかもしれず、この責任も問われなければなりません。
 また、“神戸方式”と呼ばれる、校長が自分の学校の人事権を持つという特殊な人事方式がこの事件の背景にあると指摘されています。このことを受け、本市としてはこの事件を“神戸特有の事件”として様子を見ておくということも考えられますが、実際に本市を含めた神戸以外の教員にも話を聞いてみると、「程度の差はあれど、自分の学校でもありうる」と感じている人が多く、ひとごとで済ましてはいけない実態がみえてきました。特に、私が話を聞いた若い女性教員はこの事件を受けて、「明日は我が身だと思った」と言いました。私はてっきり“自分もいつ被害者になるかわからない”という意味で言ったのかと思いましたが、よくよく話を聞いてみると、「いつ加害者になってもおかしくないと思っている」とのことでした。それだけ日々の業務に追われ、余裕がなく、常にイライラし、ストレスのはけ口としていつ後輩などに当たってしまうかわからない状態にあるとのことでした。これが今の先生方の実態なのかとショックを受けました。
 なぜこのようなことになってしまっているのか?先生のゆとりを奪ってしまっているものは何なのか?様々な原因が考えられますが、とりわけ2006年の教育基本法改正を契機とし、全国一斉学力テストが行われるようになり、また教員評価システムが全国的に行われるなど、“競争と管理”の教育が強まったことが大きな原因のひとつではないかと私が話を伺った先生方は指摘しています。この頃から教員は、子どもたちの顔をみて教育をするのではなく、管理職の顔色を窺いながら教育をするようになってしまったのではないか。常に成果を求められ、成果を出せなければ排除されていってしまう。まさに、ハラスメントが起きやすい構造が今の教育現場には潜在的に存在しているのだと、調査を通じ痛感しました。
 したがって、この仕組みを変えていかない限りはいつまでもハラスメントはなくならず、いくら規律を強化し厳罰化したところで効果は薄いと私は考えます。また、このような仕組みの中で、職員会議も形骸化していき、上からの伝達のみで終わってしまい、教員たちが本音で語れる場や弱音を吐ける場もなくなってきていると聞いています。
 これらのことを指摘したうえで、では一体西宮では何ができるのか?何をしなければならないのか?質問していきたいと思います。

  1. まず、本市の教員間のハラスメントの実態についてお聞きします。先日11月27日に市長と教育委員会が話し合う総合教育会議が行われ、教員間のハラスメントについて協議がなされました。そこでの教育委員会担当課からの報告では「現時点で神戸市のような事案の報告はない」とのことでしたが、これはどのように情報を収集したのでしょうか?教えてください。
  2. また、同じ総合教育会議の中で、「毎年教員が校長や教育委員会へ、普段感じている諸課題について自由に記載できる“提言シート”を配布し回収する制度があるので、事案があれば対応できる体制である」という担当課からの報告がありました。私は本当にこの提言シートでハラスメントの実態が掴めているのか疑問に思い、提言シートの現物を確認させてもらいましたが(資料3をご覧ください)、そのシートは、「教育委員会に対して、校長の学校運営の充実・改善に関する提言があれば記載の上、厳封して、校長に提出してください」という説明しかない自由記述式のシートであり、これでハラスメントの実態がわかるはずがないと愕然としました。近隣で深刻な事件が起きたこのタイミングで、教員間のハラスメントの実態を掴むべきであり、神戸が実施したようなハラスメント調査(資料4)を本市でも行うべきだと考えますが、教育委員会の見解をお聞かせください。
  3. 提言シート以外に、先生方の思いを吸い上げる仕組み、告発できる仕組みはあるのでしょうか?先ほど指摘した通り、今、先生方の本音で語れる場であったり、おかしいと思ったときにすぐに声をあげられる場を構築していく必要があると考えます。そのための一つの案として、川西市や宝塚市が実施しているオンブズマン制度を本市においても構築すべきではないかと考えますが、教育委員会の見解をお聞かせください。
  4. 教員間のハラスメントが起きない学校にしていくためには、風通しの良い仕組みをつくっていくと同時に、過度な“競争と管理”の教育を改め、教員としての本来の力を存分に発揮できるような学校―つまり教員がひとりの人間としてしっかりと子どもたちと向き合っていけるような学校にしていく必要があると思います。そのための一つの手段として、中3までの全学年で35人学級を実現させることは非常に有効であると考えますが、35人学級に対する教育委員会の見解をお聞かせください。